本文へスキップ

障害者就労継続支援B型事業所

地域に根ざした利用者本位の作業所

 知的に障がいのある人たちが地域で暮らすことをめざして、熊本市手をつなぐ育成会が昭和59年に設立した作業所です。
 現在は、障害者就労継続支援B型事業所として、アルミ缶や古紙回収、アルミ缶つぶしなどのリサイクル、箸やスプーンなどの竹製品作り、農作業等の作業を通して、利用者の豊かで充実した生活づくりを支援しています。
 現在、利用者の定員20人。職員常勤4人・非常勤3人で運営。
 交通の利便性のよい熊本市中心部に位置、利用者は公共交通機関や自転車、徒歩、送迎などで通勤しています。

           竹工   空き缶つぶし  農耕



今週の一枚(10/26)






 
 熊福連「仲間の交流会」に参加しました。

 10月17日(水)に熊本県福祉作業所連絡協議会主催の「仲間の交流会」が松橋にある「希望の里サンアビリティーズ」で行われました。今年は「秋の大運動会」をテーマに行われました。開会式後くまモンが登場し、くまモン体操で体をほぐした後は玉入れ、綱引き、リレー等の競技、ダンスなどで楽しみました。学校卒業後はなかなか運動会に参加する機会が少ない利用者さんですが、久々の運動会に大きな声で応援したり、力一杯綱引きをしたり、大きな振りでダンスを踊られたりと生き生きと競技に参加されていました。




 





お知らせ
○ぎんなん便り

 12月号をアップしました。
 
 ※昨年度分、今年度の4月から11月までの分はこちら




 
 
 



○インフルエンザ予防接種をしました
 いよいよ寒さが増して、ちらほらインフルエンザの話題が聞かれるようになりました。ぎんなん作業所では毎年早めにインフルエンザの予防接種をしていますが、今年も11月19日(金)に予防注射を受けに行きました。表参道吉田病院で受診後に無事接種を終えました。

 



                          
       






  

                          
  
 

 


このページの先頭へ

ナビゲーション

第二ぎんなん作業所

〒862-0975
熊本市中央区新屋敷3丁目9−7
TEL 096-371-9381
FAX 096-371-9381
E-mail dai2-ginnnann@extra.ocn.ne.jp

 
最終更新:201810.26