本文へスキップ

障害者就労継続支援B型事業所

地域に根ざした利用者本位の作業所

 知的に障がいのある人たちが地域で暮らすことをめざして、熊本市手をつなぐ育成会が昭和59年に設立した作業所です。
 現在は、障害者就労継続支援B型事業所として、アルミ缶や古紙回収、アルミ缶つぶしなどのリサイクル、箸やスプーンなどの竹製品作り、農作業等の作業を通して、利用者の豊かで充実した生活づくりを支援しています。
 現在、利用者の定員20人。職員常勤4人・非常勤3人で運営。
 交通の利便性のよい熊本市中心部に位置、利用者は公共交通機関や自転車、徒歩、送迎などで通勤しています。

           竹工   空き缶つぶし  農耕



今週の一枚(9/1)






 
 熊本県手をつなぐ育成会八代大会

8月25日(日)に第58回九州地区手をつなぐ育成会北九州大会が、北九州市戸畑区にあるウェルとばたで開催され、第二ぎんなん作業所からも利用者さん、職員9名で参加しました。「障がいのある人たちが安心して暮らせる環境をつくっていこう」「さらに進めよう障がいと障害がある人への理解啓発を」を大会スローガンに中央情勢報告、障害者の権利擁護についての基調講演、4つの分科会が行われ、熱心なお話、討論が行われました。また、「自分らしく自由にきめたこと」をテーマに本人部会もありました。その他本人部会で観光の部会もあり、門司港散策や下関の水族館(下関海響館)の見学へ出かけました。



 



※過去分の「今週の1枚」はこちらへ


お知らせ
○ぎんなん便り

 12月号をアップしました。
 
 ※昨年度分、今年度の4月から11月までの分はこちら




 
 
 



○ カラス対策
 作業所の畑では今年も「大まさり(落花生)」を栽培しています。とても大粒で、生で湯がいて食べるととても美味しく、毎年あっという間に完売してしまいます。とろこが美味しいからか昨年は収穫時期にカラスが食べに来ていました。そこで、今年はカラス対策でネットを張りました。約30メートルほどの畝なので張るのは大変でしたが、皆さんで協力して張り終わることができました。今年はカラスの心配をしないで済みそうです。

 



   
                          
       






  

                          
  
 

 


このページの先頭へ

ナビゲーション

第二ぎんなん作業所

〒862-0975
熊本市中央区新屋敷3丁目9−7
TEL 096-371-9381
FAX 096-371-9381
E-mail dai2-ginnnann@extra.ocn.ne.jp

 
最終更新:2018.9.1