本文へスキップ

障害者就労継続支援B型事業所

地域に根ざした利用者本位の作業所

 知的に障がいのある人たちが地域で暮らすことをめざして、熊本市手をつなぐ育成会が昭和59年に設立した作業所です。
 現在は、障害者就労継続支援B型事業所として、アルミ缶や古紙回収、アルミ缶つぶしなどのリサイクル、箸やスプーンなどの竹製品作り、農作業等の作業を通して、利用者の豊かで充実した生活づくりを支援しています。
 現在、利用者の定員20人。職員常勤4人・非常勤3人で運営。
 交通の利便性のよい熊本市中心部に位置、利用者は公共交通機関や自転車、徒歩、送迎などで通勤しています。

         



今週の1枚 (2/20〜)


○九州ルーテル学院大学から5日間の介護等体験の実習
 2月13日から5日間、山本さん(3年生)がお出でになりました。とても笑顔が多い明るい方で、初日から利用者と仲良くふれあっていらっしゃいました。 特別支援学校教師をめざしておられるとのこと。いい先生になられることでしょう。目標の実現に向かってがんばってほしいと思います。

  ※過去分の「今週の1枚」はこちらへ


お知らせ
作業所前の道路で工事が行われています。 (H29.2.14)

・作業所前の道路は、4月の地震により大井手川側のひび割れて護岸崩落の恐れがあるため、1月下旬から、5月頃までの予定で改修工事が行われています。
・作業所へお車でお出での際は、十分ご注意ください。


   
  作業中 車の通行不可        作業外 車の通行は可
  (※作業所で折り返し)     (※幅が狭く、用心が必要)



○ハッサク、完売の御礼(H29.2.6)

 1月から、販売してまいりましたハッサクは、おかげ様ですべて完売いたしました。
 (※トータルでは、約600袋、750kgほどの量に)

 甘いという評判をいただき、地域の方をはじめ多くの方に買っていただきました。
 お買い上げくださいました皆さまには心より感謝を申し上げます。

 無人販売も、野菜などの収穫がありましたら、今後も不定期的に販売をしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


○現在、定員に3人の空きがあります (H29.1.30)
・第二ぎんなん作業所の定員は20人ですが、本日現在、3人の空きがあります。
・B型事業所に適した人で現在どこにも行っていない方、または、別の福祉サービスを受けていてB型事業所を考えている方などがいらっしゃいましたら、ご連絡ください。




このページの先頭へ


ナビゲーション

第二ぎんなん作業所

〒862-0975
熊本市中央区新屋敷3丁目9−7
TEL 096-371-9381
FAX 096-371-9381
E-mail dai2-ginnnann@extra.ocn.ne.jp

 
最終更新:2017.2.20




       

スマートフォン版